くらし情報『山本舞香、初時代劇で瑛太とラブラブ“新妻”に!『殿、利息でござる!』』

2016年1月7日 12:00

山本舞香、初時代劇で瑛太とラブラブ“新妻”に!『殿、利息でござる!』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』『残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-』の中村義洋監督が阿部サダヲを主演に迎え贈るエンターテインメント実録時代劇『殿、利息でござる!』。このほど、いま注目の若手女優・山本舞香が本作で時代劇に初挑戦、瑛太の14歳年下の“新妻”を演じることが分かった。

金欠にあえぐ仙台藩のもと、さびれていく一方の故郷の宿場町の行く末を案じる主人公・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)。町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治(瑛太)が十三郎に打ち明けた起死回生の秘策は、「藩に大金を貸し付け、利息をまき上げる」という、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想。

計画が明るみに出れば打ち首という危険を冒しながら、千両(=3億円)もの大金を密かに集め、弟・甚内(妻夫木聡)そして宿場町の仲間たちとともに、己を捨てて、ただ人のために私財を投げ打ち悲願に挑む十三郎だったが…。

このたび、時代劇初挑戦で瑛太さん演じる篤平治の新妻・なつ役に抜擢された山本さん。ブレイク女子の登竜門ともいわれる「三井のリハウス」ガール出身で、今季の「JR SKI SKI」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.