くらし情報『斎藤工、岩井俊二ら各界が絶賛! 園子温監督作『ひそひそ星』』

2016年3月11日 21:00

斎藤工、岩井俊二ら各界が絶賛! 園子温監督作『ひそひそ星』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


『愛のむきだし』『ヒミズ』『新宿スワン』などを手掛ける鬼才・園子温監督が、構想25年を経て結実させたモノクロームのSF作品『ひそひそ星』。このほど、本作をいち早く鑑賞した映画監督の岩井俊二や俳優・斎藤工、作家・羽田圭介など、各界のトップランナーたちによる賞賛コメントが到着した。

主人公はアンドロイドの女性。鈴木洋子“マシンナンバー 722”は、昭和風のレトロな内装の宇宙船レンタルナンバーZに乗りこみ、静寂に包まれた宇宙を何年も旅している。いくつもの寂しい星に降り立っては、すでに滅びゆく絶滅種と認定されている人間たちに日用品などの荷物を届けるために…。

2013年に園監督自らが設立したシオンプロダクションの第一回制作作品として公開される本作。『地獄でなぜ悪い』『ラブ&ピース』と同じく、監督が20代の時に書き留めていたオリジナルの物語をもとに、“いま”を映す映画として満を持して映画化された。

主人公のアンドロイド・鈴木洋子“マシンナンバー 722”を、監督の伴侶である女優・神楽坂恵が好演。既に「第40回トロント国際映画祭」で最優秀アジア映画賞受賞し、「第16回東京フィルメックス」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.