くらし情報『斎藤工、阪本順治監督との衝撃の出会い明かす! あの名優との殴り合いを仲裁!?』

2016年6月12日 13:20

斎藤工、阪本順治監督との衝撃の出会い明かす! あの名優との殴り合いを仲裁!?

Photo by cinemacafe.net

斎藤工と阪本順治監督が映画『団地』の公開を記念して6月11日(土)、ガチトーク“しゃべくりナイト”と銘打ってのトークイベントを行い、10年以上前の衝撃の出会いなどについて語り合った。

斎藤さんはこの日もいつものように(?)、独創的なコーディネートで登場。白いシャツに下はジャージで、しかも裾を赤い靴下の中に入れ、足元は革靴という出で立ちで、早速、阪本監督から「これ、アディダス?」といじられる。さらに監督から「(中の下着は)トランクスではないんですよね?」と振られると、斎藤さんは「ボクサータイプです。本当はトランクスの方がいいらしいです。寝るとき、熱が1か所にこもると支障があるらしいので。なので、寝るときはノーパンかトランクスです」と自らの下着事情を明かし、会場を笑いに包む。

斎藤さんは本作で阪本作品初参加だが、監督との出会い自体は10年以上前だったそうで『この世の外へ クラブ進駐軍』の打ち上げに、知り合いのスタッフに誘われて顔を出したという。そこで「映画よりも映画的だった」という衝撃的な“事件”に遭遇。ある俳優と監督が突然、殴り合いのケンカを始めたという。当時、斎藤さんがその場にいたことを覚えていないという阪本監督だが、ケンカのことはもちろんよく覚えているようで「大ゲンカで、それを止める原田芳雄がいたり、(殴られた)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.