くらし情報『玉木宏、4年ぶり舞台で“プレイボーイ”に!“悪女”鈴木京香と初共演「危険な関係」』

2017年3月31日 20:00

玉木宏、4年ぶり舞台で“プレイボーイ”に!“悪女”鈴木京香と初共演「危険な関係」

Photo by cinemacafe.net

俳優・玉木宏が、数々の映画化・ドラマ化を経てきたピエール・ショデルロ・ド・ラクロの恋愛心理小説の舞台版「危険な関係」で、4年ぶり2度目の舞台に立つことが決定。“稀代のプレイボーイ”を演じ、共謀する妖艶な悪女には鈴木京香がキャスティング。初共演の2人が背徳の恋愛ゲームを繰り広げる。

18世紀末のパリ、舞台は華麗なる社交界。社交界に君臨する未亡人のメルトゥイユ公爵夫人(鈴木京香)は、自分を裏切った愛人が15歳の清純な少女セシルと婚約したことを聞く。愛人への復讐のために、メルトゥイユは以前から関係のあるヴァルモン子爵(玉木宏)にセシルを誘惑して堕落させるように依頼する。だが、ヴァルモンは貞節と評判の高いトゥルヴェル法院長夫人(野々すみ花)を誘惑し堕とすことに興味を持っており、メルトゥイユの依頼を一旦は断る。

しかし、セシルの母ヴォランジュ夫人がトゥルヴェル法院長夫人に、ヴァルモンのことを非難し近づいてはならないと忠告したと聞き、ヴォランジュ夫人への復讐のために、ヴァルモンはメルトゥイユの依頼を受ける。メルトゥイユ公爵夫人とヴァルモン子爵、2人が仕掛ける退廃に満ちた恋愛ゲームが始まる──!

原作「危険な関係」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.