くらし情報『アジアトップ女優・田中千絵、12年ぶり日本ドラマ出演!「貴族探偵」』

2017年6月5日 13:00

アジアトップ女優・田中千絵、12年ぶり日本ドラマ出演!「貴族探偵」

Photo by cinemacafe.net

台湾画界では異例となる興行収入5億3千万台湾ドルを記録し、台湾歴代興行成績で『タイタニック』に続く2位に輝く大ヒット作『海角七号君想う、国境の南』で映画初主演を果たし一躍時の人となった女優・田中千絵が、現在放送中の「相葉雅紀主演ドラマ「貴族探偵」の6月12日(月)放送の第9話に出演することが決定。田中さんが日本のドラマに出演するのは、2005年放送の『剣客商売スペシャル「決闘・高田馬場」』以来12年ぶり、ゴールデン帯放送の連続ドラマへは今回が初となる。

メーキャップアーティストのトニー・タナカを父に持ち、高校生のときにスカウトされ芸能界デビューした田中さん。以降、「美少女H」の第4話で主演を務めドラマデビューした後、「スカイハイ」や『ピンポン』など話題作に出演する中転機が。それは、香港映画『頭文字D』への出演。日本人以外にアジアの様々な俳優・女優が出演した本作だが、監督を務めた劉偉強から「中国語を勉強して、アジア映画界にもっとチャレンジしては?」という激励を受け、2006年一念発起し本格的に中国語を学ぶべく、女優活動を休止して単身台湾へ留学。

その後、日本への帰国準備をしていたときに、魏徳聖監督から『海角七号君想う、国境の南』のオファー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.