くらし情報『広瀬すずの“モテ力”とは? 「ar」9月号に永野芽郁&馬場ふみかが初登場』

2017年8月11日 09:30

広瀬すずの“モテ力”とは? 「ar」9月号に永野芽郁&馬場ふみかが初登場

Photo by cinemacafe.net

まもなく公開となる岩井俊二原作、大根仁脚本による劇場アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』に出演することで話題の女優・広瀬すずが、雑誌「ar」9月号の表紙に登場!今号は年に1回の「ひとりモテ」号。キラッキラの存在感で老若男女問わず全方位モテの代表の広瀬さんのモテ細胞を解剖したインタビューが掲載されるほか、いま注目の女優・永野芽郁馬場ふみかが「ar」初登場を果たす。

「ミスセブンティーン2012」を受賞し芸能界デビューを果たした広瀬さんは、綾瀬はるからと主演を務めた『海街diary』を始め、『ちはやふる』シリーズ、『四月は君の嘘』、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』など出演作は次々と話題となり、今後も『先生! 、、、好きになってもいいですか?』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』と公開作が控えるいま最も注目の若手女優だ。

そんな広瀬さんが考える“モテ”とは――?「私が思うモテる人は、女性としてカッコいい部分と可愛いらしい部分を両方持っている人。映画でご一緒した綾瀬はるかさんとか長澤まさみさん、夏帆さんがそうで、年下の私から見ても『可愛い』ってキュンとする部分があったりするんです」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.