くらし情報『足立梨花、黒羽麻璃央の“骨に”キュン!?『アヤメくんののんびり肉食日誌』予告編』

2017年8月26日 12:00

足立梨花、黒羽麻璃央の“骨に”キュン!?『アヤメくんののんびり肉食日誌』予告編

の2曲。

その儚く美しい声と独特の歌詞世界が作品に絶妙にマッチ。「観た人すべてが、ハッピーになれる曲」を依頼したという芝崎弘記監督から「まさに”恋が走りだす”イメージそのもの」と太鼓判を押された「ディストランス」は、そのあまりの完成度の高さに映画音楽の表現としては異例の、本編中同一曲を2回を使用することになったという。

『アヤメくんののんびり肉食日誌』(C)2017 町麻衣/祥伝社/映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』製作委員会
黒羽さんも「ディストランス」の歌詞について、「『恋に落ちた僕の心臓を食べて』この表現に全部持っていかれた」、また「魔法」については「椿ちゃんとアヤメくんの心情がのってる」と大絶賛。eddaの楽曲を耳にすると椿への想いが蘇ると語り、足立さんも「完成した映画を観て、まずみんなが『あの歌誰が歌ってるんですか?』と監督に聞いていました。それぐらい、アヤメくんの世界観にもピッタリで」と明かし、「こんな素敵な曲が主題歌で嬉しいです!」とコメント。「早くみなさんにもこの曲を聴いてほしいです」とアヤメも顔負けの猛プッシュを見せた。

観る人の心を幸せに包んでいくこと間違いなしの“胸キュン研究室ラブコメディ”となる本作。ちょっと変わった2人のピュアな恋愛模様を、まずはこちらの映像から覗いてみて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.