くらし情報『佐々木希、「夫を愛してるんです」涙溢れる訴え…「雨が降ると君は優しい」予告編』

2017年9月1日 14:15

佐々木希、「夫を愛してるんです」涙溢れる訴え…「雨が降ると君は優しい」予告編

Photo by cinemacafe.net

“セックス依存症”を題材に野島伸司が脚本を手掛け、玉山鉄二と佐々木希が夫婦役で共演するHuluオリジナル「雨が降ると君は優しい」。この度、予告編が公開され、エンディングで流れる主題歌に、ボズ・スキャッグスの名曲「We’re All Alone」が起用されていることが分かった。

野島氏が3年もの歳月をかけて丁寧に紡ぎ出した本作には、新婚夫婦、立木信夫と彩を玉山さんと佐々木さんが演じるほか、陣内孝則、木村多江、古谷一行、奥菜恵、笛木優子ら実力派俳優陣が脇を固めている。

公開されたのは「夫をとっても愛しているんです」と言いながら涙を流す、佐々木さん演じる彩の姿からスタートする本作の予告編。野島氏が「世界で一番好きな曲」と明言するボズ・スキャッグスの名曲「We’re All Alone」に乗せ、“セックス依存症”という究極の試練を与えられた新婚夫婦、立木信夫(玉山さん)と立木彩(佐々木さん)の愛と憎しみが交錯する様子が描かれる。

主題歌はとても大切な存在だと語る野島氏は、「このドラマの企画を立てながら、主題歌は何がいいだろうと考えていたとき、僕が世界で一番好きな曲『We’re All Alone』が頭に浮かんだんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.