くらし情報『「期待以上」「原作をも超えた」という反応まで!「海月姫」第1話は大好評』

2018年1月15日 22:41

「期待以上」「原作をも超えた」という反応まで!「海月姫」第1話は大好評

Photo by cinemacafe.net

芳根京子主演で東村アキコによる人気コミックを映像化した月9ドラマ「海月姫」が1月15日からスタート。瀬戸康史演じる鯉淵蔵之介はじめ各キャストの“再現性”に、「期待以上」の声だけでなく「アニメも原作漫画をも超えた」という反応までが寄せられている。

本作は東村さんの累計発行部数440万部超えの大ヒット同名コミックを原作に実写化ドラマ化。クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの“クラゲオタク女子”倉下月海(芳根さん)が、女装美男子・鯉淵蔵之介と童貞エリート・修の凸凹兄弟に出会い、新しい自分、新しい生き方を見つけていくなかで兄弟との三角関係も繰り広げられる新感覚“シンデレラ・コメディー”。

“女装美男子”蔵之介には本作で月9初出演となる瀬戸さん、その弟・修を工藤阿須加が演じるほか、月海が暮らす男子禁制の共同アパート「天水館」の住人たち“尼~ず”には木南晴夏松井玲奈内田理央富山えり子、さらに最上もが泉里香要潤、小雪、北大路欣也ら豪華なキャストが顔をそろえた。

「海月姫」第1話

これまでTVアニメ、実写映画化もされてきた本作だけに原作をどこまで“再現”しているかは放送前から大きなポイントとなっており、特に瀬戸さん演じる蔵之介には高い注目が集まっていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.