くらし情報『1月ドラマは「社会派」オリジナル作に大反響!“他人事じゃない”がポイントか』

2018年2月15日 06:30

1月ドラマは「社会派」オリジナル作に大反響!“他人事じゃない”がポイントか

愛に欺かれ裏切られ、信じる心を無くした大人たちの心の葛藤は、決して他人事とは思えないもどかしいものばかりです。

幸せを得るために、お金が必要不可欠なのだろうか――そんな普遍的課題に真っ向から挑んだ、社会派ドラマ「anone」。登場人物たちの末路を最後まで見届けることで、“生きる”という言葉の本当の意味を知ることができるはずですよ。あなたの心に刺さる一言を探してみてくださいね。

■人が違えば“痛み”も違う…人間の本音に迫る「隣の家族は青く見える」

「隣の家族は青く見える」-(C)フジテレビ

ヒリヒリ胸が痛くなる物語と言えば、こちらの作品も忘れてはいけません。妊活という夫婦のリアルを正面から描いたドラマ「隣の家族は青く見える」です。これまでにも本テーマを扱った作品はありましたが、ここまで細かく…かつストレートに表現するのは初めて。不妊治療を行う過程のひとつひとつ、それに伴う夫婦の心の葛藤を丁寧に紡いだ注目作となっています。

深田恭子さん×松山ケンイチさん演じる五十嵐夫妻は、大の子ども好き。「いつか、自分たちも」と漠然と妊活を思い描いていたのですが…気がつくと年齢を重ね、周りからチクチク「子どもは…?」と尋ねられる状況に。もしかしたら、自分はみんなの言う“普通”を手にすることができないのかもしれない――確かな不安が胸に押し寄せた瞬間から、それまでは何の気なしにできていた愛想笑いができなくなってしまうのでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.