くらし情報『【インタビュー】世界国際女性デーで開催される「ウィメンズ・マーチ東京」は、女性が抱える“モヤモヤ”を共有する場』

【インタビュー】世界国際女性デーで開催される「ウィメンズ・マーチ東京」は、女性が抱える“モヤモヤ”を共有する場

2018年3月7日 18:05
 

Photo by cinemacafe.net

3月8日(木)は世界国際女性デー。

アメリカでは昨年の1月、トランプ大統領就任の際に大規模なデモが開催されてから、ますます女性の権利について訴えるデモや運動が増えてきている。昨年のハリウッドでのセクハラ問題について訴えた「#Metoo」からはじまり、よりポピュリスティックに女性に対する差別や暴力を訴えた「#TIMESUP」などのムーヴメントが起こっている最中だ。

またアメリカ以外の世界各国でも、各地で様々なアイデンティティやバックグラウンドをもつ人々が、差別や暴力を許さないという意思のもと立ち上がっている。

今年予定されている世界のウィメンズ・マーチの内容は、アジア女性資料センター公式サイトによると以下のように発表されている。

“2017年1月の米国大統領就任式直後に行われたウィメンズマーチに続いて、2018年1月21日にはガーナ、中国、ドイツ、スウェーデン、イラク、カナダ、メキシコ、ニュージーランド、コロンビアなど34か国以上で120ものマーチが行われた。(…)現在、国際女性デーに向けて世界各地で、シンポジウムから映画祭、音楽イベント、ワークショップやフェミニスト・ダンスパーティーまで、さまざまなイベントの準備が進んでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.