くらし情報『【シネマカフェ的海外ドラマvol.376】『ペンタゴン・ペーパーズ』と一緒に観るとぐっと深まる!「グッド・ガールズ!」』

【シネマカフェ的海外ドラマvol.376】『ペンタゴン・ペーパーズ』と一緒に観るとぐっと深まる!「グッド・ガールズ!」

2018年3月14日 20:45
 

関連リンク

・10月期ドラマ編成、TBSは『下町ロケット』続編の制作が濃厚か
・「銀シャリ」鰻和弘に第1子男児誕生「48.5cmの大きな鰻です」
・テレ東 女児向け特撮発ユニット・magical2、デビュー曲から好発進の理由
Photo by cinemacafe.net

スティーヴン・スピルバーグ監督、メリル・ストリープトム・ハンクス共演の『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が、3月30日(金)から日本公開。それに併せ、今回は『ペンタゴン・ペーパーズ』共々ご覧いただきたい海外ドラマをクローズアップ。Amazonのオリジナルシリーズ「グッド・ガールズ!~NY女子のキャリア革命~」を紹介します。

■実話が題材に!男女平等を求め女性たちが会社に反撃

「グッド・ガールズ!」は、ニュース情報誌の編集部で働く女性たちを主人公にした作品。物語は1969年のニューヨークから始まります。「マッドメン」や「マーベラス・ミセス・メイゼル」の冒頭からは10年ほど経過した時代ではありますが、もちろん男性優位はまだまだ露骨。編集部の女性たちも調査員として記者をサポートする役回りが限界で、どんなにリサーチ力が優れていても、文章力が優れていても、記者になることは認められませんでした。現実には、1970年にニューズウィーク誌で働く女性46人が、男女平等を求める訴えを起こして会社に反撃。その実話を題材にしたのが、「グッド・ガールズ!」です。

物語の中心となるのは、若くて美しいパティら優秀な調査員たち。恋人でもある男性記者をサポートし、彼がいい記事を書くために尽くす日々に、パティは何の疑問も抱かず、充実感さえ覚えていました。そんな彼女の心をざわつかせるのが、編集部の男尊女卑を目の当たりにし、果敢に異議を唱えるノーラ・エフロン。そうです。監督や脚本家として映画界で大活躍した故ノーラ・エフロンが登場人物の1人なんです。

もともとジャーナリストだったエフロンは、その後ハリウッドを代表する女性監督に。脚本を手掛けた『恋人たちの予感』、監督作の『めぐり逢えたら』など、代表作は挙げきれません。「グッド・ガールズ!」ではエフロンが自分の才能を生かせる場を求めて編集部を去った後、パティたちがそれぞれの目覚めを経験し、訴訟に踏み切るまでの過程が描かれていきます。

とは言え、硬派過ぎる社会派ドラマではなく、等身大の悩みを抱える女性たちの物語として楽しめるでしょう。恋にセックスに友情に、彼女たちの日常は大忙し。当時のポップカルチャー描写が満載で、登場人物たちのファッションも真似したくなるほどキュートです。

■「ノーラ・エフロンに捧げる」…スピルバーグが込めた思いとは

「グッド・ガールズ!」冒頭の少し後、1971年を舞台にした『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』のエンドクレジットには、「ノーラ・エフロンに捧げる」の一文があります。生前のエフロンと懇意だったスピルバーグ、彼女の作品に出演したメリル・ストリープトム・ハンクスら全員の心がこもった一文に感じられました。

メリル演じるキャサリン・グラハムがアメリカの主要新聞社史上初めての女性発行人であり、劇中の苦闘を通して性別を超えた敬意を勝ち取っていく人物であることを考えれば、より一層こみ上げてくるものがあるでしょう。「グッド・ガールズ!」では、メリルの娘グレイス・ガマーがエフロン役を演じています。

(text:Hikaru Watanabe)

■関連作品:
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 2018年3月30日より全国にて公開
© Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.