くらし情報『斎藤工&前田敦子らも“浮世絵”に!阿部寛主演『のみとり侍』』

斎藤工&前田敦子らも“浮世絵”に!阿部寛主演『のみとり侍』

2018年3月23日 05:00
 

関連リンク

・『レディ・プレイヤー1』ヒロイン、黒のミニスカドレス姿で登場!
・白石麻衣、「世にも奇妙な物語」で初主演! 「いろいろなキャラクターを演じてみたい」
・佐藤健が恋する“弓道少女”古畑星夏、「美しすぎる」と視聴者のハートも射抜く?「半分、青い。」
Photo by cinemacafe.net

阿部寛が、女性に愛をご奉仕する裏稼業“蚤とり”を命じられてしまうエリート藩士に挑む時代劇コメディ『のみとり侍』。この度、本作の第2弾チラシビジュアルが公開された。

■インパクト大! 新ビジュアル公開

第1弾となるティザーポスターは、日本を代表する浮世絵師・東洲斎写楽の浮世絵「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」をモチーフに、阿部さん演じる主人公・寛之進のビジュアルが公開され話題となった。今回新たに到着したビジュアルは、3月24日(土)から全国の劇場に掲出される第2弾チラシ。本物の写楽の浮世絵も掲載されているほか、寺島しのぶ豊川悦司斎藤工風間杜夫大竹しのぶ前田敦子松重豊桂文枝といった主要キャストも浮世絵風に加工されたビジュアルで登場。よりインパクトある一枚となっている。

さらに、チラシの中面では江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎の有名な浮世絵「富嶽三十六景/神奈川沖浪裏」をオマージュした笑撃のビジュアルも登場。北斎が描いたダイナミックな荒波の上で、寛之進が猫と一緒にサーフィンするというこのビジュアル。時代の荒波に翻弄されながらも、侍としての生き方を貫き、江戸のビッグウェーブを乗り越えていく寛之進の様を体現している。

■追加キャストに喜劇界でお馴染みの3名が!

また今回、新たに本作に登場する3名のキャストが判明。物語の冒頭で老中首座・田沼意次桂文枝)に様々な陳情を訴える江戸の人々として、鶴橋康夫監督の前作『後妻業の女』でも印象的な演技を見せた落語家の笑福亭鶴光平賀源内役を演じるほか、呉服問屋の望月屋秀持役をジミー大西、香具師の元締・根津屋文吾役をオール阪神が好演。あわせて、3人の出演シーン写真も公開された。

『のみとり侍』は5月18日(金)より全国東宝系にて公開。

(cinemacafe.net)

■関連作品:
のみとり侍 2018年5月18日より全国東宝系にて公開
© 2018「のみとり侍」製作委員会

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.