くらし情報『【インタビュー】バーテンダー&工事現場を経て俳優へ――クリント・イーストウッドの息子スコットのストイックな一面』

2018年4月10日 09:15

【インタビュー】バーテンダー&工事現場を経て俳優へ――クリント・イーストウッドの息子スコットのストイックな一面

『ここに敵がいるぞ!』と言われても、撮影のときは何もないし(笑)。でも、スタントチームが作ってくれた美しい振り付けのおかげで、ジョンと僕は息もぴったりのアクションを披露することができた」。

体を張ったアクションの1つ1つを楽しむように、スコット・イーストウッドは自身の俳優人生を一歩一歩楽しんできた。それがここに来て、一気に花開いている。言うまでもなく彼の父親はあのクリント・イーストウッドであり、「映画にとって何よりも大事なのは監督。絶対とは言い切れないけれど、素晴らしい監督は素晴らしい作品を作る。逆に、イマイチの監督はイマイチの作品を作る(笑)」と監督の重要性を語りはするが、父親の威光に頼り切った印象はない。「飛び込んだことのない物語に飛び込みたい」と、ただシンプルな想いを口にする。「僕にとって『パシフィック・リム:アップライジング』は、初めてのSFであることが大きなポイントだった。『ワイルド・スピード ICE BREAK』は初めてのカーアクションだった。いまはスリラーに出たいし(ニック・カサヴェテス監督、モーガン・フリーマン共演のスリラー映画を撮影予定)、『ロンゲスト・ライド』みたいなラブストーリーに戻る日が来るかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.