くらし情報『【インタビュー】脚本家・徳尾浩司が「おっさんずラブ」ロスに捧ぐ――最終回「書くのを悩んだ」セリフとは?<後編>』

2018年6月3日 12:15

【インタビュー】脚本家・徳尾浩司が「おっさんずラブ」ロスに捧ぐ――最終回「書くのを悩んだ」セリフとは?<後編>

――こうしてブームになったいま「やってやったぜ」的なお気持ちはありますか?

全然ないです(笑)。実感も…(ない)。ドラマが始まるとTwitterの流れるスピードが速いので、「貴島さん、これ20%くらいいくんじゃないの?」みたいな冗談は言ったりしていました(笑)。一方で視聴者の中には、7話の予告のフェイクにすっかり騙されてくださった方も多くて…。春田と牧が結ばれるようには作られていなかったから、僕はネット上で相当悪者になっちゃって…「何で!?」「一生恨んでやる」というリプライがいっぱい飛んできたんですよ(笑)でも、おかげでワーッと盛り上がったから、まあ、いいですかね…(笑)?どんな形であれ、このドラマを楽しんでいただけたなら、それが一番うれしいです。

(photo / text:Kyoko Akayama)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.