くらし情報『ダコタ・ファニング、「この役を誰にも渡したくない」『500ページの夢の束』への思い明かす』

2018年9月23日 16:00

ダコタ・ファニング、「この役を誰にも渡したくない」『500ページの夢の束』への思い明かす

見る人に何かを伝えられればと…」と熱い思い述べている。

大好きな『スター・トレック』という作品に支えられ、成長していくウェンディ。「ウェンディにとっては『スター・トレック』の脚本を書くことが、現実世界や自分の感情とつながる方法なの。言ってみれば、自分を虜にしたキャラクターたちの目線で世界を見て回っているようなものね」と自分なりの解釈で語っている。

天才子役から“演技派女優”へ――。確かなキャリアを積んできたダコタ・ファニングの女優としてのセカンドステージ代表作となる本作を、ぜひ劇場で見届けてみて。

『500ページの夢の束』は全国にて公開中。

(cinemacafe.net)

■関連作品:
500ページの夢の束 2018年9月7日より新宿ピカデリーほか全国にて公開
©2016 PSB Film LLC

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.