くらし情報『本作デビューの岡田健史「横顔が素晴らしい」の声続出…「中学聖日記」1話』

2018年10月10日 00:26

本作デビューの岡田健史「横顔が素晴らしい」の声続出…「中学聖日記」1話

Photo by cinemacafe.net

有村架純が婚約者がいながらも10歳年下の教え子に惹かれていく女性教師役を演じる火曜ドラマ「中学聖日記」が10月9日から放送開始。有村さんの相手役に抜擢された新人・岡田健史に「横顔が綺麗」「表情が好きすぎ」などネットが騒然としている。

本作はフランス在住の漫画家・かわかみじゅんこによる同名コミックのドラマ化作品。有村さん演じる主人公・末永聖は大学卒業後、国語の非常勤講師を経て、片田舎の町・子星平にある子星中学校に赴任してくる。聖の大学時代からの恋人で現在は大阪で働く川合勝太郎町田啓太が、聖と“禁断の恋”に落ちる生徒の黒岩晶を1年にわたるオーディションで選ばれた岡田健史がそれぞれ演じる。

また勝太郎の上司でバリキャリ帰国子女、バイセクシャルの原口律役には吉田羊。晶の母・愛子役も夏川結衣。子星中学校の教頭・塩谷三千代役に夏木マリ。聖のよき相談相手でもある教師・丹羽千鶴役に友近。愛子が営むアジア雑貨輸入販売会社の部下・上布茂役にマキタスポーツといった俳優陣が脇をかためている。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
物語は現在の聖が3年前、2015年を振り返る形でスタート。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.