くらし情報『「中学聖日記」吉田羊のキス相手、“ジェンダーレス女子”中山咲月って?』

2018年10月17日 20:00

「中学聖日記」吉田羊のキス相手、“ジェンダーレス女子”中山咲月って?

Photo by cinemacafe.net

現在放送中の有村架純主演ドラマ「中学聖日記」。本作では、有村さんの相手役に抜擢され本作で演技初挑戦、テレビも初出演の岡田健史に注目が集まっているが、さらにもう一人注目すべき人物が。今回は、吉田羊演じるバイセクシャルの原口律と親密な様子を見せる、ダイニングバーのバーテンダー・青山更紗役の中山咲月の魅力に迫ってみた。

■ジェンダーレスモデルとして注目を集める中山咲月とは――

1998年9月17日生まれの中山さんは、2011年に雑誌「ピチレモン」の専属モデルとしてデビュー。性別を感じさせない中性的かつミステリアスな存在感で同世代の女性にカリスマ的人気を誇っており、ファンは彼女を“王子”と呼ぶことも。

また、昨年出演したバラエティ番組では、“ジェンダーレスモデル”として紹介され大きな話題に。現在は、ファッションブランドのイメージキャラクターを務めるほか、雑誌やテレビ、舞台など活躍の幅を広げている。

■「中学聖日記」でドラマ初出演! 吉田羊の相手役

そんな中山さんが、今回「中学聖日記」でドラマデビュー!本作は、かわかみじゅんこによる同名コミックの映像化作品。有村さん演じる主人公の教師・末永聖が、年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶に心惹かれていく“禁断の恋”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.