くらし情報『真矢ミキ主演「さくらの親子丼」第2弾放送決定! 「いままさに社会が直面している問題」』

2018年10月22日 19:00

真矢ミキ主演「さくらの親子丼」第2弾放送決定! 「いままさに社会が直面している問題」

Photo by cinemacafe.net

昨年10月に放送した真矢ミキ主演「さくらの親子丼」の第2弾が、12月1日(土)より放送することが決定。“オトナの土ドラ枠”から続編が制作されるのは今回が初、真矢さん主演の連続ドラマがシリーズ化されるのも初となった。

■ストーリー

一日だけ…。三谷弁護士に頼まれ、九十九さくらが食事スタッフとしてやってきたのは、子どもシェルター「ハチドリの家」。虐待などを受けた子どもたちが一時避難する施設で、親や大人から守るため、場所は公にされていない。そこにいたのは、母親の愛人から性的虐待を受けていた井口茜。父親から性的虐待を受け、反動で中学生の頃から売春や覚せい剤に手を染めた新城由夏。盗癖があり、ヤクザから追われていた藤島玲奈。裕福な家庭に生まれ、成績優秀も親から虐待を受けていた小宮山詩。母親の再婚相手から性的虐待を受けていた白鳥マリアなど…壮絶な地獄を見てきて子どもたちだった――。

■「オトナの土ドラ」初めて“シリーズもの”

前作では、行き場を無くした子どもたちに無償で親子丼をふる舞い続けた真矢さん演じる古本屋の店主・九十九さくら。今回は、さくらの古本屋兼自宅「九十九堂」から、虐待を受けた子どもたちが一時的に避難・保護できる施設“子どもシェルター”に舞台を移し、シェルターの食事スタッフとなったさくらが食事を通じ子どもたちと向き合う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.