くらし情報『「高校生の晶かっこよすぎ」岡田健史に改めて熱い視線が集中…「中学聖日記」6話』

2018年11月14日 00:31

「高校生の晶かっこよすぎ」岡田健史に改めて熱い視線が集中…「中学聖日記」6話

Photo by cinemacafe.net

有村架純が“禁断の恋”に落ちる女性教師を演じる火曜ドラマ「中学聖日記」が11月13日放送の第6話から「新章」に突入。あれから3年、高校生になった黒岩晶を演じる岡田健史に、改めてSNSには熱狂の嵐が吹き荒れている。

片田舎の中学校で教師となったものの自らの生徒と恋に落ち、学校に辞め、婚約も破棄することになった末永聖を有村さんが演じ、聖に恋した生徒の黒岩晶を岡田さんが、聖の元婚約者で商社マンの川合勝太郎町田啓太が、晶のことが好きな同級生の岩崎るな小野莉奈が、勝太郎のバイセクシャル上司・原口律吉田羊がそれぞれ演じるほか、聖を恨み続ける晶の母親・愛子に夏川結衣友近マキタスポーツらも出演。今回から聖が働く小学校の同僚の野上一樹役で渡辺大らも加わった。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
あれから3年を経た2018年、塾講師を経て今度は小学校教師として再出発していた聖だが、野上と共に訪れた雑貨市で晶を見かけてしまう。一方、仕事に没頭する毎日を送る勝太郎のもとに律が部長として赴任、勝太郎は律に猛アタックを開始する。

晶はその後友人らと連絡を絶ち、進学校で高校生活を送っていたが、クラスの同窓会に出席、そこでるなから再び告白され2人の関係は急接近。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.