くらし情報『『ラストエンペラー』ベルナルド・ベルトルッチ監督が死去』

2018年11月27日 13:15

『ラストエンペラー』ベルナルド・ベルトルッチ監督が死去

Photo by cinemacafe.net

アカデミー賞を9部門で獲得した『ラストエンペラー』や『ラストタンゴ・イン・パリ』などで知られる、イタリアの監督・脚本家のベルナルド・ベルトルッチが亡くなった。享年77。

「Variety」誌によればベルトルッチ監督はがんを患っており、ローマの自宅にて月曜の朝に亡くなったという。

ベルトルッチ監督は1941年にイタリアのパルマで誕生し、裕福な家庭で育った。詩人で作家の父アッティリオの影響を強く受け、21歳のときに自身も詩で才能を開花させ賞を受賞。同年、フィルムメーカーになろうと決意し『殺し』を監督。ヴェネチア国際映画祭で上映された。

その後、大胆な性描写が賛否を呼んだ1972年の『ラストタンゴ・イン・パリ』で、アカデミー賞監督賞と主演男優賞にノミネート。後に、ベルトルッチ監督はこの作品のレイプシーンについて女優のマリア・シュナイダーに承諾を取らずにぶっつけ本番で撮影したことを告白し、再び物議を醸した。「女優としてではなく、女性としての反応を引き出すためだった」のがその理由と語った。

1990年の『シェルタリング・スカイ』では『ラストエンペラー』に続き、坂本龍一氏が音楽に起用。2003年の『ドリーマーズ』もまた、激しい性描写が満載であったが、この作品で体当たりの演技でデビューを飾ったエヴァ・グリーンは、現在も一線の人気女優として成長している。遺作は2012年の『孤独な天使たち』となった。

(Hiromi Kaku)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.