くらし情報『『サスペリア』狂気乱舞の本予告&監督絶賛のポスター解禁「世界で一番好きかも」』

2018年12月15日 21:00

『サスペリア』狂気乱舞の本予告&監督絶賛のポスター解禁「世界で一番好きかも」

Photo by cinemacafe.net

『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督がダコタ・ジョンソンやティルダ・スウィントンらを迎え、伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』。この度、狂喜乱舞との言葉がふさわしい本予告と日本オリジナルポスターが公開された。

■伝説の傑作ホラーが鮮烈に生まれ変わる

名門バレエダンス・カンパニーに巣食う禁断の秘密を、グァダニーノ監督がオリジナル版とは異なる視点で大胆にアレンジした本作。今回到着した本予告では、これまであまり明かされていなかったストーリーが浮き彫りに。トム・ヨーク(レディオヘッド)が手がける美しくも不穏な旋律のなか、心理療法士クレンペラー博士(ルッツ・エバースドルフ)が、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団“マルコス・ダンス・カンパニー”の隠された場所に巣くってる“何か”を探すシーンから始まる。

舞台は1977年。主人公は、夢と希望を胸にアメリカからやってきたスージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)。カリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)の目に留まり、直々のレッスンを続けるなか、周りでは不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。失踪した主要ダンサーのひとりパトリシア(クロエ・グレース・モレッツ

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.