くらし情報『稲垣吾郎&妻夫木聡&小栗旬ら、独特の色気を放つ12月生まれの艶男たち』

2018年12月21日 07:45

稲垣吾郎&妻夫木聡&小栗旬ら、独特の色気を放つ12月生まれの艶男たち

10月に「とある撮影にて」と題した自身のブログで草なぎさんの愛犬“くるみ”を抱っこした2ショットを公開、「この間、パパはギターに夢中だったのです。笑」と明かしてファンから反響を得ていたが、この「東京BTH」の撮影だったらしい!

これまで数々のTVドラマはもちろん、三谷幸喜が舞台版を自ら脚色し、役所広司と共演した『笑の大学』(04)、“暴君”明石藩主・松平斉韶を怪演し、国内外で高い評価を得た三池崇史監督『十三人の刺客』(10)などに出演、特に同作以降はドラマでもヴィランがハマるようになっていった。

「新しい地図」として再スタートを切ると、今年4月に公開されたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』は全国86スクリーンで2週間限定公開ながら映画ランキング入り。念願の鬼才・園子温監督とのタッグが実現した。

また、阪本順治監督による主演映画『半世界』(2019年2月15日公開)が第31回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、観客賞を受賞したことも記憶に新しい。アイドル時代からは想像もつかない、ヒゲをたたえた“山男”の炭焼職人役に、「環境が変わってから役者としては初めてのお仕事でしたので、この作品にめぐりあえたのは幸せなこと」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.