くらし情報『ブライアン・シンガー監督、「未成年時に性的被害を受けた」新たな被害者が4人!?』

2019年1月24日 14:15

ブライアン・シンガー監督、「未成年時に性的被害を受けた」新たな被害者が4人!?

エキストラとして出演することになったヴィクターさんは、わずか13歳、ファーストキスも体験したことがないまま、撮影現場の裏でシンガー監督に性的ないやがらせを受けた。結局、ヴィクターさんの撮影シーンは使われなかった。

シンガー監督の弁護士は「シンガー監督は未成年と性交渉を持ったこともありませんし、そのような好みがあるということを断固として否定します」と完全否定。シンガー監督は「『ボヘミアン・ラプソディ』が賞を獲り、大ヒット作品になっているいまこういうことが起きても驚かない。同性愛者を嫌悪し、中傷するための記事。作品の成功を利用しているんだ」と「E!News」に語った。

(Hiromi Kaku)

■関連作品:
ボヘミアン・ラプソディ 2018年11月9日より全国にて公開
© 2018 Twentieth Century Fox

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.