くらし情報『カイル・ライドアウト監督、大事なのは「子どものありのままを受け入れること」』

2019年2月6日 17:16

カイル・ライドアウト監督、大事なのは「子どものありのままを受け入れること」

Photo by cinemacafe.net

世代を超えて楽しめるハートウォームコメディ『リアム16歳、はじめての学校』のカイル・ライドアウト監督が来日し、2月5日に森直人(映画評論家)との対談トークイベントを行った。

本作は、子どもの頃から学校には通わず、母親クレアに自宅教育を受けて育った16歳の青年リアムの様々な“はじめて”が詰まった物語。本作の監督を務めたカナダ映画界の新鋭ライドアウト監督は、『ウォークラフト』や『デッドプール』などに出演する俳優でもある。

自身もシングルマザーの母親の手で、4人兄弟で育てられたそうで、7つもの学校を転々とした経験がある監督は、本作についてまず「特に家庭教育についてのドキュメンタリーを作りたいというわけでもなかったんです。ただ、親の文句を言う高校生の映画はよく見るけど、母親がベストフレンドだという高校生の物語はなかなかないと思い、そんな母と息子の関係を描きたいと思ったんです」と製作意図を明かした。

一緒に遊ぶ友達のいないリアムにとって、母であり親友でもあるクレアの人物像については、「ヘリコプター・ペアレンツ」(※子どもの周辺を常に旋回・監視し、危機を未然に防ごうとする親を指す)という言葉で説明し、「(監督が暮らす)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.