くらし情報『“恋愛経験ゼロ”のエイサ・バターフィールド、性の相談クリニック開業!?』

2019年4月27日 16:00

“恋愛経験ゼロ”のエイサ・バターフィールド、性の相談クリニック開業!?

Photo by cinemacafe.net

配信直後にシーズン2の制作が決定し、SNSでも話題沸騰中のNetflixオリジナルシリーズ「セックス・エデュケーション」。本作の主演エイサ・バターフィールドが、自身が演じた“童貞だけどセックスセラピスト”というちょっと変わったキャラクター、オーティスについて明かした。

オーティス・ミルバーンは、セックス・セラピストの母(ジリアン・アンダーソン)を持ちながら恋愛経験ゼロ、人付き合いが苦手な高校生。セックスに関するマニュアルやビデオ、赤裸々な会話に囲まれた環境にうんざりしつつも、知識だけは豊富。ある日、悪知恵が働く友達メイヴと組んで秘密の"セックス問題相談クリニック"を開き、同級生たちの奇妙で豊かな性の悩みの相談に乗り始める――。

「オーティスが登場してしばらくは、どこかで見たような気がするでしょう。不器用で経験不足なストレートの白人男子、新しい変わりゆく環境の中で手探りしているのです」と、制作・脚本を務めたローリー・ナンはオーティスに誰もが親近感を覚えると明かす。

そんなオーティスを演じたエイサもまた「どんなテレビシリーズでも、かなり長く演じる可能性があり、シーズンが増えれば、数年同じ役をやることにもなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.