くらし情報『ロザムンド・パイクが伝説の戦場記者に!GGノミネート作『プライベート・ウォー』公開決定』

2019年5月29日 20:00

ロザムンド・パイクが伝説の戦場記者に!GGノミネート作『プライベート・ウォー』公開決定

『グレース・オブ・モナコ公妃の切り札』のアラッシュ・アメルによる脚本を映画化したのは、オスカー候補にもなった『カルテル・ランド』や『ラッカは静かに虐殺されている』など、これまで骨太なドキュメンタリーを手掛けてきたマシュー・ハイネマン監督。

初の劇映画作品となる本作でも、単なる伝記ドラマとしてではなく、戦場に魅了されてしまった女性の苦悩や葛藤、恐怖などを、クエンティン・タランティーノ作品でお馴染みの撮影監督ロバート・リチャードソンが手掛けるリアルな描写とともに見事に描き切る。さらに名女優シャーリーズ・セロンがプロデューサーとして参加。

また、エンドロールを飾るのは、強く逞しく美しいメリーの生き様に心動かされたアニー・レノックスが8年ぶりに手掛けた新曲「Requiem for a Private War」。ゴールデン・グローブ賞主題歌賞候補となった本楽曲も、壮絶かつ感動的な物語やメリーのメッセージとともに観る者の心を突き刺すことだろう。『プライベート・ウォー』は9月13日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.