くらし情報『アルゼンチンの“ティモシー・シャラメ”主演作、日本公開&初来日決定』

2019年6月7日 19:00

アルゼンチンの“ティモシー・シャラメ”主演作、日本公開&初来日決定

Photo by cinemacafe.net

アルゼンチン犯罪史上最も有名な連続殺人犯の少年を取り上げ、本国でメガヒットを記録したペドロ・アルモドバル製作『EL ANGEL』(原題)が、邦題『永遠に僕のもの』として8月16日(金)より日本公開が決定。さらに主演のロレンソ・フェロの初来日も決定した。

本作の主人公・カルリートスのモデルとなったのは、17歳から相棒と手を組み、自分が望む全てのものを手に入れようと、窃盗、嘘を重ね、さらにはわずか数年で12名以上の殺人を犯し、当時の社会に衝撃を与えた実在の人物、カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ。その美しいルックスから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称され、犯罪とは程遠いようにも思える美貌でも大きな話題を集めた。

カルリートスを演じたのは、本作が“銀幕デビュー”となるアルゼンチンの新星ロレンソ・フェロ。キュートなルックスとは裏腹に、時に妖しくも脆く危うい存在感を放ち、スクリーンに強烈な印象を残した。

また、本作は第71回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」に正式出品、さらには第91回アカデミー賞外国語映画賞アルゼンチン代表作品に選出。海外のメディアからは「傑作!強い衝動に満ちた、真の犯罪ドラマ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.