くらし情報『ジェイク・ギレンホール、縦横無尽なカメレオン俳優が今年は“祭り”状態』

2019年7月29日 08:30

ジェイク・ギレンホール、縦横無尽なカメレオン俳優が今年は“祭り”状態

Photo by cinemacafe.net

激しさも脆さも、頑固なほどの情熱も、ドン引きするほどの狂気も意のままに演じ切り、カメレオン俳優と呼ばれて久しいジェイク・ギレンホール。なんと今年は、大ヒット中の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に加え、特集上映やNetflix配信映画を含めると、5本もの作品でまるで違ったジェイクに出会えるのだ。2019年が“ジェイク祭り”に至るまでを追った。

芸能一家のサラブレッドがカメレオン俳優へ

1980年、米カリフォルニアに生まれたジェイク。父は映画監督のスティーヴン・ギレンホール、母はプロデューサーで脚本家のナオミ・フォナー。姉のマギー・ギレンホールもアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされる実力派女優としてお馴染み。日本では「ギレンホール」で定着しているが、本国での発音に沿えば「ジレンホール」だ。

11歳のとき、大ヒットコメディ『シティ・スリッカーズ』でビリー・クリスタルの息子役を演じて映画デビュー。父親が監督する映画に参加しつつ、『遠い空の向こうに』(’99)で映画初主演をつとめ上げ、幻覚に悩まされる高校生の主人公を演じたカルト・ムービー『ドニー・ダーコ』(’01)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.