くらし情報『吉岡里帆「絶望というものを目の当たりに」“攻めに攻めた”『見えない目撃者』』

2019年8月23日 18:30

吉岡里帆「絶望というものを目の当たりに」“攻めに攻めた”『見えない目撃者』

スケボーは初めて挑戦したのですが、いろんなひとの助けを借りて頑張りましたのでご注目ください!」とさり気なくアピール。

一方、ほかのキャスト陣も「走ることも大変でしたが、寒い時期の撮影だったのが大変でしたね!」(大倉さん)、「僕も走って走って(笑)先輩のおふたりが頑張っている姿を見て、弱音吐いちゃいけないなと思っていましたね」(柳さん)「僕は宙吊りになるようなシーンがあるのですが、セリフをいうのが大変でした…」(松大さん)とそれぞれ大変だったエピソードを明かした。

吉岡里帆の役作り――

視力を失ったなつめが、ある事件を追うという物語となっている本作だが、そんななつめを演じるにあたって吉岡さんは「3人の目の見えない方に取材をする機会があって、クランクインの2か月前から、盲導犬と一緒に過ごされている方も含めてお話を伺いました」と撮影前をふり返り、「なつめは、一見、弱者のように見えるけど、誰よりも本質を見ていて、信念と正義感を持っている。そのようなキャラクター像をみなさんの貴重なお話から作っていきました」と入念な役作りを行ったという。

さらに、元警察官という役どころから、警察学校などにも訪問したそうで「丁寧な指導をしていただいたり、皆さんのモットーや想い、実際にあった難しい事件のことなど、普段聞けないようなお話をお伺い出来ました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.