くらし情報『三浦春馬と稲垣来泉、つかの間の通話でみせた“笑顔”に「癒される」…「TWO WEEKS」第8話』

2019年9月3日 22:40

三浦春馬と稲垣来泉、つかの間の通話でみせた“笑顔”に「癒される」…「TWO WEEKS」第8話

Photo by cinemacafe.net

三浦春馬が白血病の娘を救うため“2週間の逃亡劇”を繰り広げる主人公を演じる「TWO WEEKS」の第8話が9月3日オンエア。逃亡中の結城のスマホにかかってきたのは、はなからの電話だった…つかの間の“親子の会話”に感動する視聴者が続出している。

悪徳実業家・柴崎要の身代わりとして逮捕され逃亡することになる主人公・結城大地に三浦さん。結城と同じく柴崎が関わった事件で父を失い復讐に燃える月島楓芳根京子。結城の元恋人ではなの母親・青柳すみれ比嘉愛未。はなに稲垣来泉。すみれの現在の恋人で刑事・有馬海忠に三浦貴大。柴崎の部下の殺し屋・灰谷に磯村勇斗。柴崎要高嶋政伸。柴崎の裏に潜む“黒幕”久我早穂子黒木瞳らが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
結城を狙撃した灰谷を逆に確保することに成功した有馬だが、灰谷は証拠不十分で釈放される。釈放された灰谷を叱責し「失敗は命で償え」と告げる柴崎に、灰谷は反抗的な態度を示すのだった。

一方楓も謹慎を命じられるが、そんな楓に結城は「柴崎に揺さぶりをかけよう」と提案、柴崎の片腕として動く久留和池田鉄洋)に電話し「このままだと次に身代わりになるのお前」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.