くらし情報『子どもたちの“秘密の計画”と“初恋”描く『恐竜が教えてくれたこと』公開』

2019年12月11日 12:00

子どもたちの“秘密の計画”と“初恋”描く『恐竜が教えてくれたこと』公開

Photo by cinemacafe.net

アンナ・ウォルツの児童文学「ぼくとテスの秘密の七日間」を映画化した『My Extraordinary Summer with Tess』(原題)が邦題を『恐竜が教えてくれたこと』として公開されることが決定。

■ストーリー

オランダ北部の島に、家族で夏のバカンスにきていた11歳の少年サム。彼は「地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな」と悩む、小さな哲学者のような男の子。そんな彼が不思議な魅力にあふれた少女テスと出会う。そんなテスにサムはどんどん魅かれていく。

ある日サムは、テスからある重大なことを打ち明けられる。死んだと知らされていたパパを、ママには内緒で島に招待したというのだ。娘がいるなんて知らないパパに、娘の存在をどんな風に知らせるのか…。テスとサムの秘密の計画が実行される!

■アンナ・ウォルツの児童文学を映画化、大人のための感動のファンタジー

都会の喧噪とは遠く離れた避暑地の島を舞台とし、ヨーロッパ映画らしいきらびやかなバカンスムービーとして幕を開ける本作は、オランダの児童文学「ぼくとテスの秘密の七日間」を原作とした感動のファンタジー。美しい海とその風景をバックに繰り広げられる“秘密の計画”は、子どもたちだけでなく、多くの大人たちのかけがえのない思い出や記憶を呼び覚まし、生きていくことの豊かさを心に刻んでいく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.