くらし情報『『耳をすませば』実写映画化! 清野菜名&松坂桃李が“10年後”の雫と聖司に』

2020年1月14日 07:00

『耳をすませば』実写映画化! 清野菜名&松坂桃李が“10年後”の雫と聖司に

Photo by cinemacafe.net

清野菜名&松坂桃李のW主演で名作「耳をすませば」(漫画:柊あおい)が実写映画化されることが決定。あの名作に、10年後のオリジナルストーリーも加えて製作。撮影はこれから、2月中旬にクランクイン予定だという。

――名作「耳をすませば」

原作は、1989年、柊あおいが「りぼん」(集英社)で発表した青春恋愛漫画「耳をすませば」。読書が大好きな中学生・雫が夢に向かって生きる聖司に想いを寄せていく姿に心を惹かれ、多くの女性たちのバイブルに。

そして1995年には、この漫画をスタジオジブリがアニメ映画化。当時14歳、人気俳優・高橋一生が聖司役で声の出演を果たした本作は、大ヒットを記録した。

新しい「耳をすませば」が誕生

そんな様々な世代にいまも愛される「耳をすませば」が2020年、10年後のオリジナルストーリーも加え新たに実写映画化。原作の世界観を忠実に再現する【あの頃(過去)】と、オリジナルで加わる【10年後(現在)】を二重構造で描き、切なくピュアな青春ラブストーリーが誕生する。

“現在”10年後の雫&聖司役は…

恋も夢も中途半端なまま大人になった雫。そんな大人になったいまの雫を演じるのは、連続テレビ小説「半分、青い。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.