くらし情報『ムロツヨシの“イヤミ”っぷりに「分かりやすい悪役」と絶賛の声も…「病室で念仏を唱えないでください」2話』

2020年1月25日 00:35

ムロツヨシの“イヤミ”っぷりに「分かりやすい悪役」と絶賛の声も…「病室で念仏を唱えないでください」2話

松本とは考え方や行動が真逆な“さとり世代”研修医・田中玲一役で片寄涼太。そのほか萩原聖人、堀内健、余貴美子、宮崎美子、泉谷しげる、土村芳といったキャストも参加。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は中学生男子が川で溺水。現場に向かった松本の脳裏にかつての記憶がよみがえる。救出された少年・岡崎勉(渡邉蒼)の心臓マッサージをしていると、勉と同じ制服を着た少年・丸山(田中奏生)が目が合ったとたん逃げていく。ICUで低体温療法を受ける勉に付き添う母親の真理子(島袋寛子)に、松本は勉が握っていたペンケースを渡すが、そこに入っているはずの亡き父親からプレゼントされたボールペンがなくなっていることに真理子が気づく。その後、病院内で逃げる丸山を見つけた松本は、彼を追いかける。

一方、救命救急センターに腹部大動脈瘤になったホームレスが運ばれてくる。救命救急のスタッフは手術中の濱田に応援を求めるが、患者がホームレスだと知るとあっさりと断りを入れられてしまう…というのが今回のストーリー。緊急手術中の松本のもとにやってきて“見学”と称し、脇から施術にイヤミったらしく意見する濱田。ムロさんが演じる“性格悪すぎ”天才外科医に「ムロさんのキャラめちゃくちゃ苦手」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.