くらし情報『永山絢斗“西郡”に同情、椎名桔平“黒岩”の腕に感嘆の声も…「トップナイフ」第4話』

2020年2月1日 23:55

永山絢斗“西郡”に同情、椎名桔平“黒岩”の腕に感嘆の声も…「トップナイフ」第4話

西郡の妹・千春(三浦透子)は手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと西郡を責めていた。

黒岩は西郡が切除しきれなかった腫瘍が喜和子の“逆向性健忘”を引き起こしている可能性に触れ、自分なら手術できると西郡を強く批判。2人は険悪な関係になる…。

一方、東都病院に60代の男性・山口(本田博太郎)が幼馴染みの内田(綾田俊樹)を連れてやってくる。内田は記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいた。彼を親身に世話する山口だがバッグの中に包丁を隠し持っていた…というのが今回の物語。

黒岩に頭を下げ喜和子を執刀してもらう西郡。1分だけ心臓を止め腫瘍を取り止血する…“世界のクロイワ”の腕を見せつけたこのシーンに「黒岩先生のオペめっちゃかっけー!」「頭と手先が別物としか思えない」など感嘆の声が上がる。

黒岩の手術が成功し喜和子は記憶を取り戻すのだが、目覚めた喜和子が西郡に放った言葉は「やっぱり才能ないねぇ」というもの。これには「やっと息子だと認識してもらえたと思ったら」「永山絢斗のお母さんが目を覚ましたところの子供みたいな表情からお母さんのひと言で固まる顔がすごかった」「西郡先生が切な過ぎるよ」「流石に西郡先生も心折れちゃう」など同情する声も多数寄せられている。(笠緒)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.