くらし情報『シャイリーン・ウッドリー、予期せぬ事態に「生き延びてみせる」『アドリフト』予告』

2020年3月12日 16:00

シャイリーン・ウッドリー、予期せぬ事態に「生き延びてみせる」『アドリフト』予告

Photo by cinemacafe.net

1983年に太平洋上で実際に起きた海難記を、シャイリーン・ウッドリー主演で映画化した『アドリフト 41日間の漂流』。この度、壮絶なサバイバルに直面する主人公たちをとらえた予告編と日本版ポスタービジュアルが到着した。

到着した映像では、婚約したばかりのタミー(シャイリーン・ウッドリー)とリチャード(サム・クラフリン)がタヒチからサンディエゴへ6,400キロのヨット旅に出発した幸せな姿からスタートするも、予期せぬ巨大なハリケーンに遭遇し急展開を迎える。

瀕死のリチャード、わずかな食料、操縦不能のヨット…と、危機的状況の中、生き抜くため、必死に陸を目指して奮闘する様子が映し出されていく。

加えて、自らも世界的なセイラーであり「セーリングが好きで、若いころはセーリング競技もしていたので、この映画の題材に惹きつけられた」と語るバルタザール・コルマウクル監督が、アカデミー賞3回受賞のロバート・リチャードソン撮影監督と共に作り上げた、巨大な津波の迫力や夕日に照らされる海の表情など、こだわりの映像にも注目だ。

また同時に到着した日本版ポスタービジュアルは、タミーの壮絶なサバイバルが切り取られ、“実話”という文字が目を引く迫力ある1枚になっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.