くらし情報『スシャント・シン・ラージプート主演、学生寮の“青春”描く『きっと、またあえる』新写真』

2020年8月14日 17:30

スシャント・シン・ラージプート主演、学生寮の“青春”描く『きっと、またあえる』新写真

Photo by cinemacafe.net

『ダンガル きっと、つよくなる』で世界興収インド映画No.1を記録したニテーシュ・ティワーリー監督の最新作で、今年6月に訃報が伝えられたスシャント・シン・ラージプートの主演作『きっと、またあえる』が8月21日(金)より公開。この度、本作の新場面写真と入場者特典が解禁された。

本作は、インドの工科大学の学生寮を舞台に、主人公たちが大学生活を送った90年代と、親世代になった現代、2つのストーリーが進んでいく。「これは僕自身の大学生活の物語だ。だから、他の誰にも作ることはできないんだ」と語る。監督自身、世界屈指の名門校であるインド工科大学ボンベイ校の卒業生で、当時の仲間達とのエピソードも盛り込まれている。インドでは初公開週作品のうち、インド映画1位(デイリー/ウィークエンド/ウィークリー)を獲得した。

今回は「負け犬寮」での青春スチルが解禁。ギターを片手に歌唱をリードするかのような主人公アニ(スシャント・シン・ラージプート)、片思い相手のマヤ(シュラッダー・カプール)を見つめるアニ、そして、そのアニを怪訝な目で見る「マザコン」のマミー(トゥシャール・パーンデー)。

なぜだか真っ赤に腫れ上がった人差し指と、口をあけて見入る負け犬寮の面々。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.