くらし情報『杉咲花「出会うべくして出会えた」成田凌&篠原涼子との2ショットも 朝ドラ「おちょやん」』

2020年9月24日 16:00

杉咲花「出会うべくして出会えた」成田凌&篠原涼子との2ショットも 朝ドラ「おちょやん」

Photo by cinemacafe.net

杉咲花がヒロインをつとめ、11月30日より放送スタートする連続テレビ小説第103作「おちょやん」。この度、残暑厳しい9月上旬の京都撮影所のオープンセットで、17歳となった千代と、千代をとりまく主要キャストが出演するシーンが撮影された。

本作は、女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるようにまでなった、ひとりの女性の物語。大阪の南河内の貧しい家に生まれた少女が、奉公に出ていた道頓堀で芝居のすばらしさに魅了され、女優の道を目指していく。

◆魅力的・個性的なキャストの共演!

道頓堀に奉公に出された千代を一人前のお茶子へと育て上げるのが、篠原涼子演じる芝居茶屋「岡安」の女将・岡田シズ。この日、初めてオープンセットに入ったという篠原さんは、薄紫色の着物で登場。精巧なオープンセットを見回すと「素敵!すごいセット!」と手を叩き、スタッフの仕事ぶりを称えた。

篠原さんと杉咲さんが笑顔で言葉を交わす姿は微笑ましく、撮影現場は一層華やかな雰囲気に。本番では威厳と気品を兼ね備えた女将に変身した篠原さん。杉咲さん演じる千代に対して、厳しくも温かみのある佇まいで接していた。

また、千代の父親・竹井テルヲを演じるのはトータス松本。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.