くらし情報『4人の“パピチャ”が自由を満喫するシーンの重要性語る『パピチャ』特別映像』

2020年10月19日 17:00

4人の“パピチャ”が自由を満喫するシーンの重要性語る『パピチャ』特別映像

Photo by cinemacafe.net

「愉快で魅力的で常識にとらわれない自由な女性」を示すアルジェリアのスラングをタイトルにした『パピチャ 未来へのランウェイ』。この度、主人公はじめ、4人の“パピチャ”を演じた女優たちが撮影をふり返り、作品の魅力を語る特別映像が解禁された。

本作は、物語の舞台であるアルジェリアに17歳まで暮らし、この映画が長編映画監督デビュー作となるムニア・メドゥール自身の経験から生まれた物語。“暗黒の10年”といわれた1991年に始まった内戦とイスラム原理主義による女性弾圧を背景に、ファッションデザイナーを夢見る少女の視点で描く。

今回到着した映像で、本作の脚本を初めて読んだのは4年以上前と語るのは主人公ネジュマを演じたリナ・クードリ。「この映画は例え何があっても絶対に作りたかった。エネルギーを溜めてた」とふり返る。

ネジュマのルームメイトたちは性格や考え方も様々で、親友であるワシラはネジュマとは正反対の性格、“愛”を一番に信じているタイプ。演じているシリン・ブティラはInstagramフォロワー230万超えを誇るヨーロッパで人気のインフルエンサーで、メドゥール監督は共通の知り合いを通じてSNSで連絡を取りキャスティングに至った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.