くらし情報『「BLM運動の今こそ観てほしい」町山智浩が最新海ドラ「FOR LIFE」を徹底解説』

2020年11月19日 14:00

「BLM運動の今こそ観てほしい」町山智浩が最新海ドラ「FOR LIFE」を徹底解説


【映画評論家 町山智浩コメント】

“FOR LIFE”とは「終身刑」を意味する。主人公アーロン・ウォレスは妻子あるビジネスマンだったが、ある日突然、悪徳検事が警察と仕組み、無実の罪で終身刑を宣告されてしまう。アーロンは刑務所で法律を学び、自ら弁護士となり、同じように濡れ衣を着せられた他の囚人を救おうとする。

本作は20人以上の冤罪を晴らした「獄中の弁護士」アイザック・ライトJr.の実話にインスパイアされ、彼の弁護を受けたラッパーである50セントが企画した作品であり、アメリカの司法における差別的で理不尽な現実を暴き、決して屈しない男が権力と戦い、家族の元に帰ろうとするヒューマン・ドラマ。「フォー・ライフ」とは「人生のため」「命のため」でもある。ブラック・ライヴズ・マター運動の今こそ観てほしい作品だ。

米国で巻き起こっている社会運動“ブラック・ライヴズ・マター”(黒人の命は大切)とは何か。なぜ白人警察官は起訴されないのか、なぜ黒人の冤罪が多発するのか。“システマティック・レイシズム”(制度的人種差別)を交えた解説、さらに、本作のプロデューサーであり、世界的ラッパー50セントが本作を制作するきっかけや、アイザックとの関係にも注目だ。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.