くらし情報『『トータル・リコール』スタントウーマンが明かす撮影秘話「何度もアーノルドにぶん投げられた」』

2020年12月1日 18:00

『トータル・リコール』スタントウーマンが明かす撮影秘話「何度もアーノルドにぶん投げられた」

Photo by cinemacafe.net

『トゥルーライズ』『ワイルド・スピード』『マトリックス リローデッド』をはじめとした数々の名アクションシーンの裏側に迫るドキュメンタリー『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』。この度、本編映像と場面写真が公開となった。

今回解禁された本編映像では、本作に出演するポール・バーホーベン監督がSFアクションの金字塔『トータル・リコール』の撮影をふり返る。

『トータル・リコール』の序盤の目玉とも言えるのが、アーノルド・シュワルツェネッガーとシャロン・ストーンによる激しい戦闘シーン。バーホーベン監督はこのシーンについて、「シャロン・ストーンの代役(スタントダブル)は優秀だった」と大絶賛。

そのスタントを務めたのは、80年代から活躍するベテランスタントウーマンのドナ・エヴァンス。ドナは「何度もアーノルドにぶん投げられた」と当時の撮影をふり返っている。


監督が「激しく投げられていると顔が違うのはわからない」と語るように、シュワルツェネッガーとスタントウーマンによる体当たりのアクションが、白熱の名シーンを生み出していたことが分かる。

なお、『トータル・リコール』は日本公開30周年を記念して、現在4Kデジタルリマスター版が公開中。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.