くらし情報『「私の写真の中で、最高傑作」シャーロット・ランプリングが天才写真家とのヌード撮影をふり返る』

2020年12月13日 16:00

「私の写真の中で、最高傑作」シャーロット・ランプリングが天才写真家とのヌード撮影をふり返る

Photo by cinemacafe.net

今年、生誕100年となる写真家ヘルムート・ニュートンに迫るドキュメンタリー映画『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』。公開に先駆け、名女優シャーロット・ランプリングがニュートンによって撮られた自身のヌード写真について回顧する本編映像がシネマカフェに到着した。

長年にわたって一流ファッション誌で女性を撮り続けたファッション・フォトグラファーの世界的巨匠ヘルムート・ニュートン。2004年にロサンゼルスで自動車事故により不慮の死を遂げた後も、長く人々の記憶に残り続けている写真家のひとり。

そしてシャーロット・ランプリングといえば、脇役で映画デビューしてから数年後、ルキノ・ヴィスコンティ監督に見初められ『地獄に堕ちた勇者ども』(69)に出演、その後、リリアーナ・カヴァーニ監督作の『愛の嵐』(73)で脚光を浴び、そのスキャンダラスな役柄から大センセーションを巻き起こした。


撮影当時は20代半ばを過ぎたころで、自身のイメージを探っていた時期だったという。フランス・アルルのノールピニュ・ホテルで行われた撮影では、ランプリングもニュートンもお互いにヌード撮影は初だったという。

「私はどこか反抗的だったと思う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.