くらし情報『赤楚衛二「監察医 朝顔」にゲスト出演!「ずっと見る側だった月9に」』

2021年1月31日 07:00

赤楚衛二「監察医 朝顔」にゲスト出演!「ずっと見る側だった月9に」

Photo by cinemacafe.net

単独連続ドラマ初主演作「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」が大ヒットとなり、2021年さらなる躍進が期待されている赤楚衛二が、上野樹里主演「監察医 朝顔」第13話(2月8日)にゲスト出演することが決定。赤楚さんは初の月9ドラマ出演を果たす。

月9ドラマとして初めての2クール連続放送で、法医学者・朝顔(上野さん)と刑事・平(時任三郎)という異色の父娘を描く本作。

第13話では、朝顔たちのもとに65歳の女性の遺体が運ばれてくる。女性はいわゆる独居老人で、自宅で1人、孤独に亡くなっていた。朝顔たちが解剖を始めると、女性は両手足の指、さらには臓器までもが壊死。解剖の結果、女性は敗血症により亡くなったことが分かった。

敗血症は、細菌などの病原体が血管内に入って体中に広がることで発症し、全身が炎症反応を起こしているような状態になる。朝顔は何が原因で女性が敗血症になったのか調べるため、女性が1人で暮らしていた集合住宅の部屋を訪れる。女性の部屋の冷蔵庫を空けると、1人暮らしにしては食材の買いだめが多いように見られ、中でも肉類がふんだんに詰められていた。

続いて、朝顔は女性が暮らしていた部屋の隣に住む宮田市郎に、ここ数日で何か気づいたことはないか、話を聞きに行く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.