くらし情報『アノニマスの正体考察が過熱、シム・ウンギョン“倉木”説に関水渚“咲良”説まで…「アノニマス」6話』

2021年3月2日 10:30

アノニマスの正体考察が過熱、シム・ウンギョン“倉木”説に関水渚“咲良”説まで…「アノニマス」6話

Photo by cinemacafe.net

香取慎吾演じる刑事がSNSでの誹謗中傷による犯罪に立ち向かう新感覚クライムサスペンス「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」の6話が3月1日オンエア。犯人の少年を演じる楽駆に注目する声と、“アノニマス”の正体を考察する声がSNSにあふれている。

社会問題となっているキーボードによる殺人=指殺人の被害者を救うため、警視庁が試験的に新設した「警視庁指殺人対策室」=通称「指対(ゆびたい)」が設立され、そこに2年前相棒の暴走を食い止められず、捜査一課を外された香取さん演じる万丞渉が配属。匿名を意味する言葉“アノニマス”を名乗る謎の存在と対峙していく…という本作。

香取さんはじめ指対で万丞の相棒となる碓氷咲良役で関水渚。特定が得意な指対メンバー・菅沼凛々子役でMEGUMI。デジタル担当の四宮純一役で清水尋也。温厚な人柄の指対室室長・越谷真二郎役で勝村政信、2年前の事件のことで万丞と対立する捜査一課の羽鳥賢三役で山本耕史。捜査一課時代の万丞の相棒・倉木セナ役にはシム・ウンギョンといったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
6話では指対の誰かがアノニマスが繋がっているとの噂が警察内部で広まり、特に万丞が疑われるなか、指対に匿名の中傷で悩む専門学生・末松香(川島鈴遥)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.