くらし情報『内田理央“美波”に「想像以上にヤバくて震えてる」の声、ドロドロ展開にも注目…「レンアイ漫画家」7話』

2021年5月21日 00:10

内田理央“美波”に「想像以上にヤバくて震えてる」の声、ドロドロ展開にも注目…「レンアイ漫画家」7話

Photo by cinemacafe.net

鈴木亮平主演、吉岡里帆との共演でおくる「レンアイ漫画家」の7話が5月20日オンエア。内田理央が演じるレンの母・美波について様々な声が集まっている。

超人気少女漫画家で女性だと思われているが、実は男性の刈部まりあこと刈部清一郎を鈴木さんが、亡くなった清一郎の弟・純に恋していた“崖っぷち女子”久遠あいこを吉岡さんがそれぞれ演じる本作。

前回のラストであいこにキスした、あいこ行きつけカフェの店長代理・二階堂藤悟に眞栄田郷敦。“疑似恋愛ミッション”であいこにフラれ“ストーカー”化した早瀬剛に竜星涼。清一郎があいこたちと親しくなっていくことに内心複雑な心境を抱いている担当編集者、向後達也に片岡愛之助。清一郎の甥・刈部レンに岩田琉聖。清一郎のライバル漫画家だが、実は清一郎の漫画の大ファンでもある金條可憐に木南晴夏。二階堂の彼女、伊藤由奈に小西桜子といったキャストが共演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
7話ではレンの母、秋山美波(内田さん)が「レンに会いたい」と、自宅を訪ねてくることになり、レンを取り戻そうとしているのでは?と考えた清一郎は、レンに夕食を外で取るよう告げる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.