くらし情報『カンヌ映画祭初の試み、東京ほか世界5都市で特別マーケット上映会開催へ』

2021年6月23日 18:00

カンヌ映画祭初の試み、東京ほか世界5都市で特別マーケット上映会開催へ

そういった状況の中、今年の「マルシェ・デュ・フィルム」(カンヌ国際映画祭期間中に開催される映画・映像が売買される世界最大のマーケット)は、世界の映画界において最も重要であり、今年はカンヌ入りが実施不可能と予想される5都市を選出、映画祭で出品される作品を厳選して各国でバイヤー向けに上映会を実施することを決定。

各国での実施会場はそれぞれ、オーストラリア・メルボルン市(Cinema Palace Como)、メキシコ・メキシコ市(Cinepolis Diana)、中国・北京市(French Institute Auditorium)、韓国・ソウル市(Art Nine)、そして日本は東京都の映画美学校試写室とユーロライブにて実施。今回の上映会に関しては、コロナ対策も考慮してバイヤーなどに限定し、日本では7月8日(木)~16日(金)<10日(土)と11日(日)を除く>に開催する予定。東京の実施については、「マルシェ・デュ・フィルム」(東京:代表・矢田部吉彦)が担当する。

今回の企画に関して、カンヌ国際映画祭の総代表を務めるティエリー・フレモーは、「今年、我々はカンヌの会場で実際の映画祭を開催しつつも、大切な日本の映画バイヤー達に少しでもカンヌをリアルに感じてもらえるように今年の出品映画を実際の開催時期と同時にお届けしたいと思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.