くらし情報『「TOKYO MER」3話、菜々緒“夏梅”のTOKYO MER志願理由に共感の声…濱正悟の出演にTL沸く』

2021年7月19日 06:40

「TOKYO MER」3話、菜々緒“夏梅”のTOKYO MER志願理由に共感の声…濱正悟の出演にTL沸く

Photo by cinemacafe.net

鈴木亮平主演の本格救命医療ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」3話が7月18日放送。SIT隊員を演じた濱正悟の出演に「子供らが感激してます」などの反応が集まる一方、菜々緒演じる夏梅がTOKYO MERを志願した意外な理由に数多くの共感の声が寄せられている。

“MER”=モバイル・エマージェンシー・ルームは、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施すチーム。本作は“一人も死者を出さないこと”をミッションにした救命救急のプロフェッショナルチームである「TOKYO MER」の活躍を描いていく。

海外の紛争地やへき地で医療に従事し、どんな状況でも諦めない救命救急医で、謎の“空白の1年”を経てTOKYO MERのチーフドクターとなった喜多見幸太を鈴木さん。成し遂げたい理想の医療政策を持つ厚生労働省の官僚で、厚生労働大臣の命でTOKYO MERを潰すために派遣されたスパイ的な存在でもある音羽尚に賀来賢人。

救命救急の知識と経験が豊富な看護師で、保育園に通う娘を持つシングルマザーでもある蔵前夏梅に菜々緒さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.