くらし情報『「海街チャチャチャ」キム・ソンホ、愛すべき“ホン班長”を語る「自分もこんな人間になれたら」』

2021年10月2日 23:00

「海街チャチャチャ」キム・ソンホ、愛すべき“ホン班長”を語る「自分もこんな人間になれたら」

、自分もこんな人間になれたらいいなと思います」と語るソンホ。

シン・ミナは「その美しさと愛らしさそのままの人」

「海街チャチャチャ」キム・ソンホ、愛すべき“ホン班長”を語る「自分もこんな人間になれたら」
そんなドゥシクと関係を深めていく、コンジンで歯科医院を開業したユン・ヘジンを演じたのはシン・ミナ。日本にもファンが多い人気女優の1人だ。

「彼女の出演作を観たときは、美しいだけでなく愛らしさもあり、明るくエネルギッシュな人だと感じました。実際に会って共演してみると、その美しさと愛らしさそのままの人でしたね!」とソンホ。「いつもとても思いやりがあって、その場のみんなが撮影を楽しめるよう気を配っていました。彼女と共演できて本当によかったと思いました」と振り返る。

「何よりもまず、ミナがヘジンを演じたことで、キャラクターの魅力がさらに増したと思います。ヘジンにはある家族の問題があって、それがわかると彼女の行動に共感できるようになるのですが、それがなかったとしても彼女はそのままで魅力的なキャラクターですね。ミナはヘジンを自然体でとても上手く演じてくれたので、私の演技とも良い化学反応が起こっていたと思います。そういった点も楽しんでもらえるとうれしいですね! (笑)」

「海街チャチャチャ」キム・ソンホ、愛すべき“ホン班長”を語る「自分もこんな人間になれたら」

「現場では一緒にたくさん笑いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.