くらし情報『「家族の一員になれて光栄」キャスト&スタッフの信頼関係映し出す『フレンチ・ディスパッチ』メイキング映像』

2022年1月28日 09:00

「家族の一員になれて光栄」キャスト&スタッフの信頼関係映し出す『フレンチ・ディスパッチ』メイキング映像



長らくウェスとタッグを組んできた撮影のロバート・イエーマンは「あれほど才能に溢れる家族の一員になれて光栄だよ」と明かし、ボブ・バラバンは「10作目でもウェスの冒険心は尽きない。いるだけで楽しくて朝4時でも帰りたくない」とウェスとの撮影を笑顔でふり返る。

「家族の一員になれて光栄」キャスト&スタッフの信頼関係映し出す『フレンチ・ディスパッチ』メイキング映像

一方、ウェスは自身の追い求める映像については妥協は一切無し。撮りたい画のためなら何度もテイクを重ねるこだわりを持っているそうで、レア・セドゥは「凄くスタミナがあり、本当に細かいディテールにも注意を払います。芝居が引き立つ細かいニュアンスを求めて、大いにユーモアを交えながら、何度も何度も同じシーンを撮り直します」と話す。

またティモシーも「4秒くらいの場面がありました。壁に紙をピンで留めて、ジュークボックスの方に歩くシーンです。45回、撮り直しました。この時の監督のこだわる姿には心が動きました。その時は、自分には無作為な指示に思えたことが、実は監督にとっては考え抜かれた演出だったのです。もし一般論が芸術の敵なら、アンダーソン監督の姿勢は、表彰に値するほどです」と圧倒された様子で監督のこだわりを称賛する。

「家族の一員になれて光栄」キャスト&スタッフの信頼関係映し出す『フレンチ・ディスパッチ』メイキング映像

45回ものリテイクが賑やかに成り立つ撮影現場も、普段からのファミリーのような信頼関係があってこそ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.