くらし情報『中村倫也「すごいきゅんきゅん」思わず心を奪われたシーンとは?『ハケンアニメ!』メイキング写真』

2022年5月25日 18:20

中村倫也「すごいきゅんきゅん」思わず心を奪われたシーンとは?『ハケンアニメ!』メイキング写真

Photo by cinemacafe.net


直木賞&本屋大賞受賞作家・辻村深月の小説を映画化した『ハケンアニメ!』が現在公開中。この度、吉岡里帆、中村倫也らキャスト陣の笑顔が溢れるメイキング写真がシネマカフェに到着した。

アニメーション業界を舞台に、最も成功したアニメの称号=「ハケン(覇権)」を手にすべく、奮闘する者たちの姿を描いた本作。そんな劇中で火花を散らす2本のアニメーションが、「サウンドバック 奏の石」(通称:サバク)と「運命戦線リデルライト」(通称:リデル)。同クール・同時間帯で視聴率を争うことに。

吉岡里帆演じる新人・斎藤瞳が監督する「サバク」

そのうちの1本「サバク」は、県庁に勤めていた元公務員だが、天才監督・王子千晴が手掛けるアニメと出会い、感銘を受け、一念発起してこの業界の門を叩いた主人公・瞳(吉岡さん)が監督を務める作品。

中村倫也「すごいきゅんきゅん」思わず心を奪われたシーンとは?『ハケンアニメ!』メイキング写真

彼女を起用したのは、敏腕プロデューサー・行城理(柄本佑)。アニメづくりに没頭したい瞳と、作品を売るためには手段を選ばず、瞳をあらゆる宣伝の場に引っ張り出す行城は、衝突しながらも、次第に心を通わせ、目標に突き進んでいく。

中村倫也「すごいきゅんきゅん」思わず心を奪われたシーンとは?『ハケンアニメ!』メイキング写真

異なる立場で同じ作品に携わっている2人。行城が瞳を挑発するような強気なセリフを投げかけると、瞳はムキになって反論することも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.